人体最大の臓器

人体最大の臓器。

人体最大の臓器と言うとどこだと思いますか・・・?
答えは毛細血管。
毛細血管の働きとして
・酸素を届けて二酸化炭素を回収したり栄養素を届けて老廃物を回収する。
・免疫物質を全身に届けて、病原菌や最近から守る
・ホルモンを運び情報を伝達する・・・などです。
とても重要な働きをする最大の臓器なのですが悲しいことに年齢共に劣化していきます・・・。
成人の血管の全長は地球2回り半とも言われ約10万キロ。それが25歳ごろから徐々に老化は進み60~70歳では4万キロも減って約6万キロしかなくなります・・・。(ゴースト血管)
そうなると低酸素状態や栄養が不足がちになり老廃物も溜まりやすくなります・・・。
その状態になると様々な臓器や器官の機能低下につながり病気のリスクも上がります・・・。(高血圧、動脈硬化、認知症など)
ゴースト化は老化や喫煙、飲酒、ストレス、生活習慣からなります。
ただうれしいことに生活習慣などを見直せば、高齢でも毛細血管は再生してきます!!
この6万キロから10万キロもあると言われる人体最大の臓器である毛細血管の約55%は小腸にあります。
老化による毛細血管の減少は小腸の老化ともいえると言う事です。
小腸の機能を高める生活とミネラルを吸収する体に持っていけばいくつになっても望みのある毛細血管の再生!!
不調のカギはここにあるかもしれませんよ?