新たな味方の登場!!

新たな味方の登場!!

日本人で一番怖い病気と言えば心臓の病気、脳の病気、そしてガンですがその中でも注目してみたいのは大腸がん。
この場合結腸と直腸合わせて大腸がんとしますが男性で3位、女性で1位、男女合計では肺についで大腸は2位の死亡数が多いガンとなります・・・。
心臓発作、脳卒中で超高血圧状態か超低血圧状態なのかの違いはありますが共通することがあります。
実は血管の急な痙攣と血管の炎症。
発作時の共通事項なのですが、これがどこからくるのか?と言うと腸内の腐敗物による毒素からこのような症状が起こると言うのです・・・。
さらに言えば男女共通の1位は肺がんです・・・。
肺と言えば東洋医学で言う大腸と陰陽の関係に当たります・・・。
余計な事ですが喫煙する人の方が潰瘍性大腸炎はなりにくいと言うデータもあるくらいです・・・。その代り肺にダメージを与えてると思いますが・・・。
話を戻します。このデータから日本人の一番怖い病気の上位3位、心臓、脳、ガン(大腸)までが腸内の状態にかかっていると言えると思いませんか?
逆に、健康でいたいと思うなら腸内の状態を良好に保てばかなりの率で病気を防げると思いませんか?
そこで新たな味方が増えました!!酪酸菌です!!
乳酸菌やビフィズス菌と言えばもう細かいことは分からないにしても馴染みはあるかと思いますが酪酸菌はあまり知らないのではないでしょうか?
そもそも腸を整えると言っても小腸と大腸があるわけです。腸内の菌といっても3万種1000兆個とも言われる腸内細菌。整えると言うとそりゃいろいろある訳ですよ・・・。
ヨーグルトやヤクルトやそんなくらいで整うくらいなら日本人の死亡原因もかわってくるでしょう・・・。
とにかく酪酸菌は大腸がんの抑制効果があります。細かくはまたにしますが新たな強い味方が増えた!!と思ってください!!