衝撃の血液データ

衝撃の血液データ。

ここ最近の話ですが、衝撃の血液データを診ることがありました・・・。
そのデータによって医師は深刻になり様々な画像や検査をします。
しかし首を傾ける結果・・・。しまいにはあってはならないが他人の血液と検査時の入れ替え?すら疑われたほどでした・・・。
そこで自分にも話が来て、診させてもらったのですがホントに身体っていろいろあるものですね・・・。
人間の体の仕組みは、ずっと追い求めても探し続けても答えが出てこないのが人間なのかもしれません・・・。何故なら設計図がないから・・・。
ここで詳しくは言えませんが、はっきり言えることは女性は特に気を付けてほしい冷えと血液循環不良、そして低血圧です・・・。これだけははっきり言います。
これは心当たりあればすぐに改善できる方法をとってください・・・。
それが今後、大きく病気を予防することができますから。
それだけ重要なので絶対にほっておくことはしてほしくないと思います・・・。
そして病院での検査の精度と言うのはもの凄いです!しかしそこからそのデータを読み取る力は個人差があるかもしれません・・・。
なのでその正確で沢山の情報をどう結び付けるのか?そこからどんな答えが出てくるのか?これを見極めないと正確なデータも危険な道具となるかもしれません・・・。
今回、改めてこんな機会を設けてもらったのですが、ホントに生きる事、生きてる事、死を迎えるとは?と言う事をホントに考えさせられました・・・。
だからこそ予防の大切さを、そしてその方法をさらに学び、伝え、残していかないとと思いました。