防腐剤、保存料

防腐剤、保存料。

パンにお惣菜、お弁当やお菓子、ジュースなど様々な食べ物に防腐剤や保存料が入っています・・・。
調味料にも入ってますね・・・。これ入れないと生産性が落ちるし賞味期限も短くなるし商品にならないというのもあるのですが便利な世の中になった分、添加物との葛藤も必ずありますね・・・。
防腐剤や保存料は大事な商品を腐らせないということで良いのかもしれないのですが体に入ってくるとどうなるか?
こちらは体にとってとても重要な腸内細菌もこの防腐剤や保存料でバランスが崩れます・・・。腸内細菌も減ってしまうのですね・・・。
今ではいろいろなことが発見され研究が進み腸内細菌が健康の元、脳より賢い腸などと言われてきて皆さんにも馴染みの深いものになてきました。
その腸の調子が崩れるということは様々な病気のリスクが高まるということですね・・・。
ある程度気を付けていても、今の時代完璧に避けることは不可能といっても良いかと思います・・・。実際自分も無理です・・・。
入ってくるものに気を付けるのも大事ですが、出すことにも目を向けてほしい・・・。そしてその役割である腸にとって良いといわれるものを普段から多くとる!これにつきるのではないかと思います。
小腸と大腸にいる異なった菌を喜ばせる生活を心がけて、腸全体を元気にして、なるだけ悪いものには気を付けさっさと出すということが健康につながると思います。