薬は自分を、治してくれない

薬は自分を、治してくれない。

よくこの薬は一生飲み続けてと言われました、と言う人います?なんで??
よく考えてみてください…。
一生飲み続けると言うことは薬が効かない治してくれないと言うことじゃないですか?
頭いたいから頭痛薬、腹痛いから整腸剤、胃が痛いから胃薬、風邪ひいたら風邪薬、熱でたら解熱剤…。
なんでもかんでも薬。
そのあげくに一生飲み続ける?ホントに?それでいい?
疑問です。
血液変われば体は変わりますよね?
そもそも人間には自然治癒力ありますよね?
体変わったら薬入らなくなると思いませんか?
病気になってもいっしょな生活して、何も対処しなければ一生飲み続けないといけないでしょうね…。
それだけのことです。
何か体で不都合あるならやはり今までより注意して変えてく事は変えていく、控えるものは控える、我慢も時には必要になってくるかもしれません。
それでもなるべく薬に頼らない体に変えていった方がよいと思いませんか?