大腸と小腸の菌の違い

大腸と小腸の菌の違い。

腸内細菌を整えましょうとか、腸内フローラを整えるとか流行のように最近はブームですね。
それだけ健康になるには大事だと言う事が分かってきたからでしょう。
オリゴ糖が良いとか、乳酸菌が良い、ヨーグルトだヤクルトだ生きたまま腸に届くなどやってますね・・・。
言いたいことは良いのですがそもそも小腸と大腸に住む菌は全く違います。
腸内細菌や腸内フローラを整えると言うとこの大腸と小腸の菌全部を整えてこそ腸内フローラと言えます。
小腸と大腸の善玉菌を大まかに言えば小腸の菌は好気生菌。大腸は嫌気生菌。
これだけでも全く違うことが分かります。
食べ物が体に入ってきてまずは糠床のような小腸の菌の栄養になる物を採り
しっかりと蠕動運動により空気を回す。
それから大腸の嫌気生菌の餌になる物を入れるとどっちも整います。
小腸の蠕動運動が弱いと空気が大腸にまで回るので嫌気生菌の大腸の善玉菌は減ってしまいますね・・・。
だからまずは小腸を整える乳酸菌。乳酸菌生産物質が乳酸菌飲料やヨーグルトなんかの40万倍もの威力がありますね!
それから大腸を整えるオリゴ糖や食物繊維などが大腸の菌の働きをたすけてくれますね!
だから、便秘だからと言って大腸に注目しがちですが小腸の蠕動運動も助けないと改善は難しい人もいるでしょうね。