コーヒーの疑問

コーヒーの疑問

コーヒーはホントに毎日飲みたくなりますね・・・。中毒性あるのですかね?
コーヒーは一日2杯くらいは健康のために飲んだ方が良いと言われますね。
抗がん作用があるとか、うつ病に良い、二日酔いに良い、痩せるなどなど・・・。
ホントかなあ・・・。
それよりデメリットが気になります・・・。
何よりデメリットの鉄分の吸収の阻害です。
ただでさえ鉄分などは毎日の食事からではなかなか必要量が採れないうえに吸収力も落ちてるのが現代人。
貧血や低血圧の方には絶対おすすめできないような気がします・・・。
鉄不足になると体内酸素量も減ります・・・。
ヘモグロビン、ミオグロビンの核となるのが鉄だからです・・・。
さらにニューログロビン脳内酸素量も減ることになります・・・そしたら認知症も確率は上がる??
神経伝達物質セロトニン、ドーパミン、メラトニンも鉄が核です。
幸せ物質が減ればうつになりやすいですよ?睡眠も浅くなるし・・・。
メラトニンはさらに抗酸化作用、動脈硬化、高血圧の改善、骨の強化、自律神経の調整などにも関係してきます。それが働かなくなるとどうなりますか?
一概にコーヒーのせいとは言えないかもしれませんが、鉄分の吸収を阻害するのは間違いないようなので、もし自分の体に気になることがあって毎日コーヒー飲んでる方は少しやめてみて体の反応を見てみるのも良いかもしれませんね。
離脱症状なんかがでれば間違いなくコーヒーが悪い反応を起こしてると言えると思いますので。
何でもそうですが、テレビなどの情報は鵜呑みにせず、自分の体でホントに合うのか見てみた方が良いかと思います。
少なくとも胃がおかしい、貧血、低血圧の人には、自分は少しやめてみたらどうですか?と言ってます。