望診

望診。

お客さんの中で、『なんでそんなこと分かるのですか?』って聞く人います。
なんでって・・・こちとらプロですよ(笑)
別に怪しい力でもなんでもなく望診といって東洋医学の中医診断学という中にあることを使っています。
もはやこれはクセです・・・。
なのでどうしても仕事の時はグッと見てしまいます。(怖がらずに)
今日はあまり体調よろしくなさそうだね?とか逆にいい顔色になってきたね!って言います。
他にもいろいろな望診の見方から胃の調子がちょっとお疲れではないですか?とか低血圧ですねとかあります。
いろいろありますがそんな望診をやっています。
その他に聞診、切診、そして最も大事にする問診を使ってどこが弱いのか、どこを施術したらよいのか、どこの経絡の流れを診るのか、どの施術が今最も効果的なのか?などいろいろ頭フル回転して一人ひとり診てるのです。
クセなのでもはや慣れてますがいろんな角度から診て検討つけていく。これが本当に必要で一番大事なことだと思っています。