いろいろな研究が進んできました!

いろいろな研究が進んできました!!

今まで難病と言われて来たり原因不明と言われてきた病気もたくさんあります・・・。それなのに症状を抑えるとか進行を遅らせると言う理由づけで薬は出されてきたのですが・・・。原因が分からなないのにね・・・。
パーキンソン病や自閉症、アトピーやリウマチなど原因がわからないと言われるのはたくさんあります・・・。
それが腸内細菌の研究によってどうやら関わりがあるという事が徐々に解明されてきました。
これはとっても明るい材料ではないでしょうか?
腸が不機嫌になると脳も不機嫌になると言われるくらい関わりがあるという事。
人間の体をそもそも設計者でもない者が全て把握しようという事が大それたことなのだと思います。
それでも少しでも解明されていき、少しでも原因が分かれば予防方法や対策が立てられます。
今まで分からなかった小腸をカメラで見れる進歩が近年あったからこそ解明が進んできたのかもしれません。
何より明るい材料が増えることは益々今後の予防に役立てることになりますね!