低血圧の怖さ

低血圧の怖さ

血圧の異常がある人ってだいたい7割くらいでしょうか…。
ほとんどの方が高血圧で薬飲んでますって感じ…。
そうなるとプラスしてコレステロールの薬や糖尿病の薬、睡眠薬や安定剤など…オンパレードになってきています…。
それはまた書くとして、低血圧。これもホントに多い。
まだいいのは薬が無いことが唯一の救いでしょうか…。
ただし、低血圧の人は貧血の薬や頭痛約、痛み止、など飲んでる人もいますかね…。
低血圧のかたは首のコリがひどい、自律神経失調症、アレルギー、子宮内膜症、内臓下垂、肺活量減少、呼吸も浅い、偏頭痛、耳鳴り、難聴、甲状腺異常、1型糖尿病、パーキンソン、虚血性心疾患など起こりやすいそうです…。
どうですか?それでも低血圧だとほっときますか?元からだしってそんな簡単には放っておけないと思います。
もちろん改善方法はあります。
うちでも三桁なかった人が何人も早くて1ヶ月で改善してる人もいます。
改善したかたの未来はどうなっていたか?これは分かりませんが今のようにもしかすると元気に生活できなかったかもしれません…。
原因を正せば必ず体は答えてくれます!一度見直してみてはいかがですか?