辰吉丈一郎

辰吉丈一郎。

世界チャンピオンに3度返り咲いたあと現在46歳となっても現役。
日本最速で日本チャンピオンになった次の試合からこちらでもテレビ中継された。
その試合をみた自分もKO(笑)そこから格闘技に興味を持つわけですがそんな辰吉ももはや試合を組んでくれない状況なのに現役。
当事世界最速でチャンピオンになり網膜剥離にもなり日本でライセンス剥奪の危機も乗り越え3度の王者に返り咲く。
今は日本で試合もできないし当事無敗の若い頃は負けたら即引退と言っていたのもはや7敗。
それでも自分の人生やから自分のためにやってるんだそうです。誰のものでもない自分のたった一度の人生。誰にも口出しできないですね。
矢沢の永ちゃんもキャロルで成功したあとみんな遊びにいっても永ちゃんは曲を書いていたそうです。
67歳現役のロックで5万人を魅了する。
たっちゃんは朝早くからロードワークで晩までボクシングの事考えて、自分がどうしたら強くなれるか考えてる。
永ちゃんは朝から晩までどうやってオーディエンスを喜ばせるか考えてる。
自分のために。
勇気もらいましたね。
僕も僕の人生やから自分で決めたんやから変えない。
辛いし痛みも伴うこともあるかもしれない。
それでも自分の人生やから自分で決めたらもっと楽な平坦なアスファルトの道もあるかもしれないけど行かない。逃げない。
道はちがうけど僕の道は予防医学。代替療法家。
気にくわないことだらけだから気にくう世界を造る。
それが統合医療。
朝から晩までどうやって元気にするのか?考えてたらたっちゃんや永ちゃんのような一流になれるはず。