自然治癒力を活性化させる条件その3 

自然治癒力を充分に活性化させる条件その3

細胞をコピーする代謝を行うときにエラーを起こさせない。
傷をつけないようにするには活性酸素を除去する酵素が大切。
発酵食や緑黄色野菜が酵素を多く含むなどありますがこの酵素を次は働かせやすい状況を考えないといけない…。
それにはある程度の温度が必要だということがわかっています。
37度くらいが一番酵素が活性化しやすくそして水が大切とも言われています。
低体温ではやはりこのエラーを防ぐことが難しいようです。
体温一度アップで免疫力5倍、代謝20%アップと言われるのもこれでわかりますね!
体温をあげることは食べ物だと根菜類や北方の物をよく食べる。
筋肉をつける!特に下半身。全身の筋肉量の約7割が下半身にあると言われます。
下半身の筋肉の衰えは体温まで下げてしまい、イコール免疫力を下げることになってしまいます。
やはり運動したり下半身の筋トレなども必要ですね!
体温と運動。ここにも注目しましょう!