自然治癒力を充分に活性化させる条件その2エラー

自然治癒力を充分に活性化させる条件その2 エラー

新しい細胞に生まれ変わる際にコピーミスをおかしてエラーを起こすと疾病となります。
コピーをするもとの細胞が傷ついているとコピーする時に傷をつけたままコピーしてしまいます…。これがエラーの原因。
ではこの傷をつけるのは何か?それがあらゆる病気の元ともいわれている活性酸素です。
ストレスや紫外線、喫煙や過度なお酒、食品添加物や薬、激しい運動などでも活性酸素は増えます。酸化する油物などもそうでしょう。
活性酸素がなくてはならないものですが増えるのは細胞を傷つけてしまうのでやはり控えたりするのが大切ですが、ストレスや大気汚染などは自分の力だけではなかなか難しいものです。
じゃあ増えたらみんな病気になるのかというと人間にはちゃんと活性酸素を除去する酵素がちゃんとあります。
スーパーオキシドディスムターゼ。SODという酵素です。
これがちゃんと働いてくれると傷つけることもなくなります。
このsodが無限にあるのかというと人間生まれたときにこのくらいの量とある程度決まってるそうです。だから極力使わないようにするか、酵素を摂取するかしかないです。
この酵素が多く使われると細胞は老化していくのが早まります。それが酸化。逆を考えると抗酸化すれば抗老化。アンチエイジングと言うわけです。
抗酸化物質はピーマンやかぼちゃ、ニンジンなどの緑黄色野菜、ナッツ類、大豆や玉ねぎ、糀や糠などの発酵食に多く含まれています。やはりここでも和食ですね!
まずは傷をつけないようにこの酵素を働かせやすくしましょう!