食べ物の重要さ

スーパーサイズミーという映画をご存じでしょうか?
30日間1ヶ月マクドナルドのファーストフードのみを食べ続けるというドキュメンタリー映画です。
結果は体重11キログラム増加。鬱状態。性欲減退。深刻な肝臓の炎症です。
どうでしょうか?いかに解毒するものが多くて肝臓が悲鳴を上げたかが分かりますよね?
実験はマクドナルドということですがこれはファーストフード店全てに言えることでしょう。
大なり小なりという差はあるとして。
これが食品添加物の恐ろしさではないでしょうか?
僕もファスティングを行い、食べ物の重要さは体で体験しました。
そして本物のサプリメントの強さもわかりました。
だから強く言えるのです。
誰が体を悪くするもの、健康を害するものを好んで食べてほしいものですか?
やはり消費者は賢くなる必要があるのです。これは日本の医療費削減にも繋がることなのです。僕は無駄な医療費を削減しないとこの大事な日本を未来の子供たちに受け継いでいけないと思ってるのです。だから僕は革命家として行動してるのです。
そうすれば増税も防げるのではないでしょうか?せめて原材料を見る行動をしてみてはいかがでしょう?本物がそこから見えてきます。
でも僕の訴えで少なからずともHPやFB、お店に来ていただいてる方は大きく変化しています。これってヤバイよね?って質問してくるお客さんも増えました。ありがとう。
ヤバイかもって思ったらググってみてね。今の日本は素晴らしいからすぐに調べられますね!
そしてどれだけ気を付けても入ってくるのをゼロにすることも出来ません。残念ですが。
減らすことしかできないのも事実です。だからそんなときにはファスティングも大事なのかも?と思っています。