続 油

まずは油と言ってもたくさんあるので種類をしっておいた方が良いでしょう。
動物の脂質がまずあります。飽和脂肪酸でバター、ラード(豚脂)、ヘット(牛脂)などがあります。
アメリカ心臓病協会ではこの飽和脂肪酸を制限しています。心臓病のリスクが上がるからでしょうね。
植物の脂質は不飽和脂肪酸と呼ばれますがそのなかでも2種類に分かれます。
一価不飽和脂肪酸でオイレン酸を含むものをオメガ9と呼ばれます。
オリーブ油、キャノーラ油、ひまわり油、ピーナッツ油、パーム油などです。
もう一種に多価不飽和脂肪酸でリノール酸を含むものをオメガ6、αリノレン酸、DHA、EPAwp含むものをオメガ3。
オメガ6にコーン油、ごま油、大豆油、クルミ油。
オメガ3に亜麻仁油、しそ油、えごま油、イワシ、サンマ。
油だけでもこんなに種類があるのですね。
見たことないものもありますがじゃあ不飽和脂肪酸ならよいのか?と言うとそうではありません。