食べ物を注意する上でも、腸内フローラを整える上でも、もうひとつ重要な事を考えないといけないでしょう。
油です。
アレルギーや発ガン性、動脈硬化などいろいろ問題が言われる油…。
動物性の油。植物性の油。魚の油。など。
飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸と言われますね。
ややこしいことは置いといて絶対にとってはいけないと言われる油があります。
トランス脂肪酸。
乳製品やケーキ、菓子パン、スナック菓子、マーガリン、カップ麺、アイスなど大好きなものにはたいがい入っています…。
欧米ではこのトランス脂肪酸は禁止になっていますが日本ではまだ危険なレベルまで添加されていないとされ禁止になっていません。
こんなことたくさんあるのです。
だから消費者の私たちが賢くなり買わないようにしないと世の中は変わりません。
みんなが、買わなきゃ売れる物を作るしかないから変わってきます。
なので少しずつ気をつけて原材料を見る癖をつけたほうが良いと思います。
少なくともマーガリンが冷蔵庫に入ってたらそく捨てましょう。
プラスチックを溶かした物を食べる人いないでしょ?
トランス脂肪酸はプラスチックです。
油についてはもう少し掘り下げましょう。