毒素排毒

毒素と聞くととても悪いイメージがすぐに来ます。
当然良くないものです。毎日口にするものや、薬、健康食品(不健康食品)、代謝後、疲労物質である乳酸なんかもそうですし、ストレスでも赤血球が変化して毒素となります。
もう汗が出にくいかきにくいというだけで排毒しにくい体であるといっても良いでしょう。
そうなるとどこかでやはり出すことをしないとどんどん溜まってきて悪さをします・・・。
基本的には解毒は肝臓さんがしてくれています。肝心要って言葉も肝腎要から来てると言いますがそのくらい肝腎は重要という事ですね。
排毒の75%が便、尿、汗で出ると言われます。
そこで出しにくい人は熱などでも出そうと体は働いてくれてます。なのでむやみな解熱剤はいかがなものかと思います。
このことからもわかるとおり便秘ももっての他ですね・・・。
解毒するにも酵素は使われます。
酵素の切れ目が人生の切れ目というくらい必要なものです。
酵素のもって生まれる量は決まっています。という事はなるべく無駄に酵素を使いたくない所です。
消化や吸収に最も多くの酵素が使われてしまいます。だから腹八分というのですね。
なるだけ解毒にも酵素を使いたくないので、やはり毎日の食べ物には注意です。
便秘だったらやはり薬でごまかすのではなく腸内フローラを整える事が本来のやるべきことです。
ぜひ気をつけていきましょう!!