幸せ物質

幸せ物質と呼ばれるものあるの知ってますか?
セロトニン。脳内神経伝達物質ですがなぜ幸せ物質と呼ばれるのでしょうか?
幸せを感じるとどんな良いサイクルが起こるのか?
幸福の実感→副交感神経優位→ストレスの軽減→腸内バランス良好→副交感神経優位→視床下部伝達→幸福の実感 のようなサイクルになります。
実際、血液データで本当に幸せを感じてると免疫機能が活性化することがわかっています。
その他笑ってるだけでも免疫力はあがります。
当然、このサイクルを見てもわかるとおり、副交感神経優位になると血流もあがりますし腸内バランスが良くなれば免疫機能は本領発揮!
なので幸福を感じれば健康でいやすくなるしセロトニンもバランスよくでるからさらに幸せを感じやすくなります。
逆を考えましょう。最近何も楽しくない。幸せを感じれない。無理に感じるものでもないのでそう思えるならどこかこのサイクルに上手く回らないところがあるのではないでしょうか?
副交感神経が優位にならない状況。冷えてる方はどうしてもここが上手く切り替わりにくくなります。それから仕事で忙しすぎてろくに寝れずずっと仕事を考えてたり、人間関係でストレスを感じてたりすればやはり上手く副交感神経優位には切り替わりません。
脳内神経伝達物質と呼ばれるから脳でセロトニンは作られるのかと思えば実は腸で作られてるのですね!
なので上手く感じれない人はもしかすると腸内細菌のバランスが崩れてるのかもしれませんね・・・。
神経伝達物質の関係でいろいろな病が関係してくるといわれます・・・。
なんか眠れない、疲れがとれない、だるいなどあったりするなら少しこの辺を考えても良さそうですね。
病の原因ってやはりいろんなところが絡んできます。
幸せ物質、バランスよくでるようにしたいですね!
世の中シルバーウィークですがずっと休まず営業しています。週末はrun伴で走らないといけないのでみなさんに迷惑がかかる分、この連休は休まずやります。たくさんバイク走ってて羨ましいですが頑張ります!