ニューヨークの学校給食。

こんなことも実際に行われた。
ニューヨークの学校給食を砂糖や人工甘味料を抜いた給食に変えたところ、学年の平均点があがったのである。
これはやはり集中力があがったことから学力アップにつながったのではないでしょうか?
そしてバージニア州にある少年院の食事も同じように砂糖や添加物をぬいた食事に変えたところ喧嘩や脅迫などのトラブルが48%も減ったのです。
食事を変えただけでですよ。学校にしても先生が変わったとか何もなくです。
これはいかに食べ物でキレやすくなったり集中できなかったり、座っていられない、話を聞けない、鬱傾向になるなどが起こるかと言うことです。
僕も偉そうなことは言えません・・・。実は僕も子供の頃の写真をみたらどれも前歯がないのです・・・。これを何故か?と母親に問うとコーラーが大好きでコーラーばかり飲んでたそうで・・・。3歳くらいの写真からずっと前歯がないんですよ・・・(笑)とがってるというか溶けてるんでしょうね。
恥ずかしながらものすごくキレやすかったそうです。
母親も自分が喜ぶから毎日のように買い与えていたのでしょう・・・。
もちろんみなさんの家庭でも喜ぶからと思い、なんでも与えようとするのでしょう・・・。
しかしこういう実験を知っていたらはたして喜ぶからと与えるでしょうか?やはりこの子のことを思えばなおさら与えず、しっかりと作った愛情のこもったものを与えるのではないでしょうか?
無知は罪という言葉があるようにまさしく知らなかったでは大きな罪を犯しかねません・・・。
自分の大切な体、家族の健康など考えると知らないでは済まないかもしれません・・・。
少しでも改善できるところはしていき、本当に毎日口から入れる食べ物には気を付けないといけませんね。