作り手の思い。

原材料をみる。何故こんな事を言いたかったのか。
例えばどこか食べにお店を選ぶとき、お店の感じや作ってる人の接客などいろいろみるでしょう?それで味は美味しかったらまた行こうという気になる。
食品や健康食品にしても原材料を見れば作り手の思いが見えてくる。
安価で効率良い生産性の良いものを作り、あとはどうでも良い。しまいにはそこで被害がでても構わない・・・。極端に言えばそうかもしれません・・・。
でもそれじゃ、いけないと思うのです。やはり消費者にも責任がある。知らんかったでは通らないし、何より自分自身の体なので自分で守ってあげないといけない。
僕のお店にもたくさんのラインナップがあるけどまず作り手の社長がどっかの顔も知らない外人さんとかやとまずパス。
だって知らないもん。そして原材料をチェック。そして作り手の思いがホントに消費者の健康を願うものなのか?それから自分の体で試してGOサインが出てはじめてみなさんに紹介します。
スーパーの食品や普段口にするのにはなかなかここまでチェックしてられませんが、原材料くらいは見れるのでやります。
どうかみなさんも自分の体に帰ってくることなので、少し心に留めておいていただければ幸いです。